消費者金融の金利は高いですよね、特に銀行からしか借りたことがない方にとっては消費者金融の金利の高さはしり込みしてしまうかもしれません。グレーゾーン金利は撤廃されましたがそれでも金利は高いとお思いの方も多いかと思います。なぜこんなに消費者金融の金利は高いのでしょうか?高い金利を下げる方法は無いのか?などについてお話していきます

消費者金融の高い金利を下げる方法をお教えします

消費者金融は何と言っても金利が高いので「お金借りようかな~」と思っても普通の金銭感覚をしている人なら金利の高さにしり込みしてしまうのではないでしょうか?

今回はそんな消費者金融の金利についてのお話と、高い金利を下げる方法について解説していきたいと思います。

PR
PR

消費者金融から借りたお金には当たり前ですが金利が付きます。それを利息と言う形で借りたお金とは別に返済していくことになります。

ですが借りたことがない方は勿論のこと借り入れをしたことがある方でも金利については意外と知らない方も多いのでまずは消費者金融の金利についてわかりやすくご説明します。

消費者金融の金利が高い理由

「なぜ消費者金融でわざわざ高い利息を取られて借りるの?だったら銀行のカードローンで借りた方がいいのでは?」思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、銀行のカードローンは金利が安い反面、消費者金融よりも審査が厳しいのでお手軽に借りると言う訳にはいきません。

それに比べると消費者金融は審査が甘く簡単に借りる事ができます。

審査が緩いということは当然貸し倒れのリスクも多くなりますので消費者金融の金利が高いは、回収出来なかった時のリスク分が上乗せされているからです。

消費者金融と銀行系ローンの金利差は?

kinrisa.gif

グレーゾーン金利が存在していたときは年利29.2%で貸していた消費者金融が多く存在しました。

しかし貸金業法改正によって年利は最大でも20%となり、昔ほど銀行カードローンと消費者金融の利息の差はなくなりました。

とはいっても金利が低いのは、やはり銀行カードローンです。

消費者金融では金利が低い所でも大体18.0%程度ですが、銀行カードローンの場合は高い所でも14.5%となっています。

消費者金融は借りる金額(限度額)で金利が変わる

消費者金融のホームページなどで貸付利率を見てみると4.5%~18.0%なんて書かれている所がほとんどだと思いますがこの表示の仕方は正直まぎらわしいと思いませんか?

初めて借りる方は「4.5%で借りられるなら安いね♪」なんて思う方もいることと思いますがまず4.5%で借りられる事はなく、最大表示の18%での借り入れになります。

ただし、借りる金額(限度額)で最大金利は以下の様に変わります。

  • 貸付金が10万円未満の場合は、年20%まで、
  • 貸付金が10万円以上~100万円未満の場合は、年18%まで
  • て貸付金が100万円以上の場合は年15%まです。

このように高額借りたほうが金利が安くなりますがだからと言って多く借り入れをする事はお勧めしません。

本当に必要な分だけ借りるというのが消費者金融の正しい付き合い方です。

実質年利ってなに?

実質年利とは、金利や利率に対して、保証料などプラスαして支払いを年利で表したものです。保証料とは、消費者金融で契約する人たちが、連帯保証人なしで申込みをする手数料のようなものと考えてください。

消費者金融の金利を下げる方法

gacha.gif

金利を下げる方法は

  • 100万円以上借りる
  • 返済実績を作ってお得意様と見てもらう

100万円以上借りた場合は利息制限法で決められた15%以上の金利は取られません。

また返済実績を作るというのは、消費者金融のQ & Aなどにも「取引年数が長くなり信用がアップすれば金利が下がる場合があります」など曖昧な感じで書かれています。

金利が下がるかは担当者のさじ加減

消費者金融を全く同じ条件で利用している人たちの中でも金利の違いが出てくる事があります。

何故なら金利の決定事項は、担当者のさじ加減という要素も持っているからです。

これは家電量販店の値引き交渉と似ていて、ストレートに「金利を下げてくれ」と頼んでみた所で簡単に「いいですよ」ということにはまずなりません。

結局は真面目に返済して信用を作り担当から「金利を下げるので借りてください」と言ってもらえるタイミングを待つしかないということです。

短期間で一括返済できるなら無利息キャッシングサービスを利用する

unti.gif

短期間で返せるのなら無利息キャッシングを利用しましょう。

これはキャッシング会社が定めた期間で返す事ができれば無利息でお金を借りられるサービスです。

期間内に一括返済できる場合は金利が安くなるどころか一円も取られないのでかなりお得になります。

ただし、いつでも好きな時に利用出来るということではなくて、「初回利用時のみ」という条件付きの場合がほとんどです。

また利息がかからない期間は消費者金融によってまちまちです。

銀行への乗り換えが出来ないか考えるのも一つの手段

komaruyo.gif

消費者金融の金利を下げたいというのなら、複数お持ちなら、借金をひとつにまとめるというのも方法です。

例えば、消費者金融から銀行に乗り換えた場合、金利が18%から10%に下がる可能性もあります。

そして、消費者金融も、ケースバイケースで、キャンペーンにうって出る場合があり、お客様をもっと獲得したいというときに、借り入れをすればそういった機会にめぐり合うかもしれません。

いかがでしょうか。とにかく消費者金融の現状は、貸金業法改正によって変わりました。現状を知り、ランダムな使い方ではなく、しっかり計画性をもって使用するようにしましょう。

PR
ソフト闇金

ブラックOKブログ

  • ソフト闇金の画像
    優良ソフト闇金から借りてはいけない所まで、口コミや評判と合わせて詳しくご説明致します
  • 個人間融資の画像
    個人間融資とは何なのでしょうか?安全なのか?借りても大丈夫なのか?など等、気になっている方も多いと思いますので口コミや評判なども合わせて見ていきましょう
  • 闇金借りたいの画像
    闇金に借りたいと思っている方へ、ヤミ金からソフト闇金まで口コミや評判、審査や取立てまでわかりやすくご説明します
  • 消費者金融審査の画像
    中小消費者金融について詳しく知りたい!という方はこちら
  • 債務整理の画像
    債務整理ってなに?という方の為に
  • クレカ現金化の画像
    クレカ現金化とはクレジットカードのショッピング枠を現金に換える事を言います。2chなどでもいくつものクレカ現金化のスレッドが立つ程に利用している方が多いブラックの方がお金を借りる方法の一つですが果たして利用しても大丈夫なのでしょうか?
PR
激甘