自己破産をしても借金がなくならない場合があるので注意が必要です。返済が滞ったりしたときにいっそ借金を自己破産で帳消しにしたい。そう考える方も多いかと思います。ではどういう場合が借金がなくならないのでしょうか?

自己破産しても借金が無くならない?そんな事あるの?

借金があって首が回らなくなっている方の最後の手段、それが自己破産です。

自己破産をすれば借金が帳消しになると言うこと方から安易に自己破産の道を考える方も少なくありません。

ですが自己破産と簡単に言っても手続きは非常に面倒なものになります。

ただ破産宣告をすれば借金がすべて消えるという簡単な問題ではないのです。

PR
PR

自己破産で借金が消えるまでには二つの段階がある

  • 破産の申し立て
  • 免責の許可

この二つが終わって初めて借金が無くなります

破産申し立て

この段階で支払い不能の状態ではないと申し立て自体ができません。究極の言い方をしてしまうともうここで自己破産ができなかったら夜逃げするか首を吊るしかない、位の方だと判断されないと無理だということです。

がんばって働けば何とかなると判断された場合はこの段階で終了となります。

免責許可の下りない人

  1. ギャンブルでの借金
  2. クレジットカードの現金化を利用した人
  3. 財産があるのに隠し持っている
  4. 計画的に自己破産しようとして借りまくっていた場合

ギャンブルで作った借金は自己破産できない?

一般的にはギャンブルや株式投資、FXなどで作った借金は免責不許可事由になり免責が下りません。

通常の免責が下りなくても裁量免責というものがある

ただし裁判官の判断によって免責が下りる場合があるのです。これを裁量免責と言います。

ですので1に該当しているからといってあきらめずに弁護士などに相談してみるのがよいでしょう。

クレジットカード現金化は自己破産できない

これもバレた場合は免責が下りない確立が高いです、ただし自己申告しなければやり過ぎていなければバレないかもしれません。

財産がある事を隠していると自己破産できない

財産があればそれを売ったりして返済に充てれば問題ないと判断される場合はもちろん免責は下りません。

だから自己破産をする前に小細工をして財産を隠蔽する人がいますがばれた場合はもちろん不許可となります。

計画的に自己破産しようとし場合

最初から自己破産するつもりで借金を繰り返した場合などは免責が下りません

借金の一部だけチャラになる一部免責

上記のような例に該当してしまい免責許可が下りなかった場合でもこの一部免責というものがあります。

これは名前の通り一部だけ払わなくていいようにするよ~というものです。

例えば300万円の借金がありそのうち100万円だけ債権者に返すことができるなら残りの200万円はチャラにしますというものです。

ただしこれは裁判官が決めることで規定などがあるわけではないのでどういう条件なら一部免責になるという決まりがない不透明なものになります。

PR
ソフト闇金

ブラックOKブログ

  • ソフト闇金の画像
    優良ソフト闇金から借りてはいけない所まで、口コミや評判と合わせて詳しくご説明致します
  • 個人間融資の画像
    個人間融資とは何なのでしょうか?安全なのか?借りても大丈夫なのか?など等、気になっている方も多いと思いますので口コミや評判なども合わせて見ていきましょう
  • 闇金借りたいの画像
    闇金に借りたいと思っている方へ、ヤミ金からソフト闇金まで口コミや評判、審査や取立てまでわかりやすくご説明します
  • 消費者金融審査の画像
    中小消費者金融について詳しく知りたい!という方はこちら
  • 債務整理の画像
    債務整理ってなに?という方の為に
  • クレカ現金化の画像
    クレカ現金化とはクレジットカードのショッピング枠を現金に換える事を言います。2chなどでもいくつものクレカ現金化のスレッドが立つ程に利用している方が多いブラックの方がお金を借りる方法の一つですが果たして利用しても大丈夫なのでしょうか?
PR
激甘