闇金借りたい,闇金体験談のImgHeight518

闇金から借りたい!その前に絶対に読んでおくべき体験談

私はその昔、お金にだらしがなく借金が膨れ上がり正規の消費者金融では何処も貸してくれないという状況に陥ったことがあります。
そんな時に闇金の審査基準が甘いと聞いて安易な気持ちで申し込みをして痛い目を見ました。(もちろん闇金から借りたいなんてこれっぽっちも思ってなかったのですがそれしか方法が思いつかなかったんです。)

いま闇金からお金を借りたいと考えている方には私の体験談を読んで思いとどまっていただけたらと思います

PR
PR

実録!私の闇金体験談

私が闇金でお金を借りるまで

私は20代の時、本当にお金にだらしがなくパチンコにキャバクラに風俗、その他の遊び代や洋服代など自分の給料では到底できないような生活をしていました。
そのお金はどこから来たのかと言いますと、色々な消費者金融からお金を借りまくっていました(笑)

どんどん増えていく限度額

限度額が増える

その時は運が運が良かったのか悪かったのか、まだ総量規制前だったので年収300万円未満だったのですが、きちんと返済しているだけでどんどん借入限度額が上がっていきました。
当時の私はその度に自分が認められたような妙な感覚と限度額が増えるとまるで自分の貯金が増えたような感覚になっていました
そして気が付いた時には私の借金は300万円まで膨れ上がっていたのです...

利息だけで毎月8万円?

まだグレーゾーン金利があった時代なので金利だけで年間約90万円...毎月の返済額は約8万円でした。
月給20万円のしがないサラリーマンだった私には元金の返済どころか金利すらすでに払えない状態だったのですが「どうせまた限度額上がるだろうし借りて返せばいいや」程度にしか考えていませんでした。

運命の日

ですがそんな状態がいつまでも続くわけもありません。ある日、返済日前に急に友人の結婚式に出席することになり、返済にあてるはずのお金を使ってしまいました。
その時は「いままできちんと期日通りに返していたんだし、少しくらい遅れたって大丈夫だろう」という安易な考えで返済をすっぽかしてしまいました。
何度か知らない番号から電話が来ていましたが、忙しかったのもあり折り返しもせずに居たところ、消費者金融から催促のハガキが届きました。
それでも私には全く危機感がなく、お金が入ったら返せばいいやと思い、催促のハガキもそのままゴミ箱に捨ててしまいました。。
そして運命の日がやってきます、給料に日になってお金も入ったし返済してまた借りてほかのところの返済に充てようと思い、消費者金融のATMで入金をして引き出そうとしたところ
このカードは取引ができません。と画面に表示されたのです。。。

取り扱いできません

もう顔面蒼白です。。私はすぐに窓口に問いあわせしました、すると「大変申し訳ありません、お客様は新たな借り入れができなくなりました」と言われてしまいました。
それでもまだほかのカードもあるし大丈夫だろうと思って違う消費者金融のATMに行ってカードをいれましたが先ほどと同じように「取引ができません」と出ました。
今月の支払いはどうしよう・・・そこからいろいろな消費者金融に新たに申込をしてみましたがどこにも通りませんでした、それもそのはず私は金融事故を起こした人間として事故情報が信用情報機関に登録されていたのですから...

激甘審査!ブラックでもOK!担保なしでどなたでも100万円まで融資します!

闇金のチラシ

ある日ポストにそんな事を書いたチラシが入っていました。闇金だというのはわかっていましたが闇金の審査基準が甘いというのは知っていたのでヤミ金に抵抗はありましたが、恐る恐る電話をしました。すると図太い男の声で

闇「はい。○○ファイナンス。どうしたの?」といきなりのタメ口です(笑)

私「あ、お金借りたいんですけど...」

闇「いくら必要なの?」

私「10万円ほどお借りしたいです」

闇「なんに使うの」

私「他社の返済で...」

闇「う~ん、でもいきなり10万円は無理だな、まずは3万円からで信用作ってもらえたら10万円貸せるけどどうする?」

私「わかりました。お願いします」

闇「じゃあ何か写真付の身分証明持ってる?あ、それからグワシ!ってわかる?グワシのポーズして写真取って、これから言うメールアドレスに添付して送って。」

私「わかりました。」グワシって何だよ!と心の中で思っていましたが仕方がないので送りました

グワシ

そして数分後・・・

闇「確認とれたよ。じゃあ次いくね、家の住所と家族構成、勤めてる会社名と電話番号、それから家族の電話番号とついでに知り合いの番号も何人か教えてもらってもいい?適当に言ってもバレるから嘘はつかないでね」

その他にも借金は全部でいくらあるとかなんで作った借金なのかとか根掘り葉掘りきかれて

闇「じゃあ1時間以内に結果出るから、こっちから電話するから電話出られるようにしておいてね」ガチャッ...

そして一時間後・・・

闇「審査通ったから先に手数料三千円引いて2万7千円振り込んどくから、10日後に九千円の返済ね。あ、それから必ず前日に一度連絡してね。それじゃよろしくね」ガチャ・・・

それから10日後、前日にヤミ金に電話をして明日完済したいと伝えると振込先の口座を言われ翌日に3万円と利息の9千円合計三万9千円を振り込んで私のヤミ金初体験は終わりました。

今思えば、このときにあっさりと返済できてしまったのがいけなかったのかもしれません。。

またヤミ金からお金を借りる

しばらくしてまたギャンブルで負けてお金がなくなってしまい前回借り入れていた同じ会社に電話をしました。

前回ちゃんと返してくれたし信用が付いたから10万円までなら貸せるよといわれたのでそこまでの金額が必要ないのに10万円借りてしまいました。利息は前回と同じで10日で3割です。

前回は金額が少なかった事と返済日がちょうど給料日だったので何とかなりましたが、今回は違います。

返すあても無かったのに何故借りてしまったのでしょうか、しかも10万円も・・

返済の日がやってくる

そうこうしているうちに返済日がやってきました。

当然お金はありません、その時はちょっとだけ怖い消費者金融から借りた、程度の感覚でいたので一日位なら連絡しなくても大丈夫だろうとたかをくくっていました。

15時過ぎに一度ヤミ金らしき知らない携帯から電話がありましたが無視をしました、その日はそれで終わりだったのでヤミ金ってそんなに怖くないんだな~なんて軽く考えていたら次の火は朝からしつこく電話がかかってきました。

怖くなって出られなかったのですが、このままにしてもまずいと思って意を決して電話にでました。
怒鳴られるのかと思っていたのですが淡々とした口調で「返済日が過ぎてるけどどうしたの?」と言われたので直謝りをした後で「明日必ず払います」と伝えました、なんのあてもないのに・・

その日は何とかそれで収まりましたが明日までにどうやってお金をつくればいいのだろう、そればかり考えて仕事も手につきません。

他のヤミ金から借りて返済に充てる(泥沼の始まり)

家に帰ってから以前にポストにヤミ金からのDMの事が入っていることを思い出し調べてみると奥の方にそのまま入っていたので電話をしてお金を借りて返済に充てました

それからというもの他社から借りて返済に宛ててジャンプ(利息だけ払う)を繰り返してどんどんヤミ金からの借り入れも膨れ上がっていきました。

ヤミ金で借り入れをすると個人情報が他の闇金に流れるみたいで知らないヤミ金業者から電話営業がくるようになったので電話がきたら借りるを繰り返しているうちに総額50万円の借り入れになっていました。

そんなある日、他に貸してくれる業者も見つからなくなり本当に支払い不可能になってしまいました。

返済日になり、ちょうど日帰りの出張があり取引先の人と一日行動していたので電話に出ることができませんでした、そして一人になったので携帯の留守電をチェックすると不在着信50件となっていました。

会社に帰ったのは夕方4時ごろでしたが私の机の上には「○○さんから電話あり至急連絡されたし」といったメモが何枚も置いてありました。

上司からの呼び出し

その日の帰りに会社の上司から「ちょっと話があるから仕事の後でのみに行かないか?」と誘われました。

飲みに行くと「お前いったいどこから金を借りたんだ?普通のところじゃないだろ?」と言われ、正直に今の状態を話すと知り合いの弁護士がいるから相談してみろといわれ次の日会社を休んで相談しに行きました。

闇金に強い弁護士に頼む

やがてその紹介で、弁護士を紹介され、債務整理をすることになりました。

お願いした弁護士は闇金に強い方で今まで何百件も解決してきたというので安心してお願いすることにしました。

その後も会社に電話の嵐でまったく止む気配もなかったので、やっぱり弁護士に頼んだ位では駄目なのかなと思っていたのですが、ある日ピタッと連絡がやみました。

どうじに消費者金融も債務整理をしてもらい借金の額も減りました。

あのまま上司が助け舟を出してくれなかったら自分はどうなっていたのでしょうか?

二度と同じ過ちは繰り返さないようにしたいと思います。次同じ事をしたら間違いなくまっているのは破滅ですから・・・

PR
激甘